受付時間【月〜金】 8:30~12:00/15:00〜20:00 【土】 8:30〜13:00 (日・祝休み)

寝違えてしまった!どうしたらいい?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

では寝違えてしまったら、どうすればいいのでしょう?女性の表情のイラスト「疑問」

また、「寝違え」を予防することはできるのでしょうか?

今回は「寝違え」の施術と予防についてお話していきたいと思います。

 

放っておいても治るの?

まず、朝起きて首が痛い、動かせないとき、

自宅ですぐできることは、前回お話ししたアイシングです。水枕のイラスト

でも、

  • 時間が経っても痛みがおさまらない
  • 痛みが強くなる
  • まったく動かせない
  • しびれなどの神経症状がある

などのときは要注意です。

 

「寝違えただけだし」と放っておくと、いつまでも痛みが取れずひどくなることも

ありますので、早めに対処することが大切です。

では、どこへ行けばいいのでしょうか? 病院・医院の建物イラスト(医療)

 

治療・施術

 

整形外科

 

病院であれば、「整形外科」を受診します。

首や肩、背中の筋肉や靭帯を傷めている可能性がありますので、

必要に応じてレントゲンなどの検査をし、治療を行います。レントゲン写真を見せるお医者さんのイラスト

痛みのある場所に、物理療法(低周波やレーザーなど)や

手技療法(マッサージなど)を行うこともあります。

痛みが強い場合は、固定具を装着したり、お薬の処方もあります。  ムチ打ちのイラスト薬のイラスト「薬の紙袋」

保険治療の範囲でできることが多いですが、保険外のこともあるので、確認が必要です。

 

鍼灸院

 

鍼やお灸で効果がある場合もあります。鍼治療のイラスト(男性)

鍼灸には緊張で動かなくなっている筋肉をゆるめたり、神経系にアプローチして、

痛みを軽減する療法があります。    ■

また、患部だけではなく、全身のバランスを診て、ツボ刺激から改善をはかる方法もあります。

ただ、保険の範囲で行えるかはその鍼灸院によりますので、こちらも確認が必要です。

 

整骨院

 

ここでは、当院での施術をお伝えしていきます。

 

① カウンセリング

  • 現在の状況(痛みの程度、どうすると痛いか、など)      お医者さんのイラスト「問診」
  • 普段の生活様式(座っていることが多い、同じ動作が多い仕事をしている、など)
  • 「寝違え」にいたるまでの過程
  • 過去にもあったか、繰り返しているとしたらどのくらいの頻度か

などを詳しくお聞きします。

お話を伺うことで、様々な可能性を考え、原因を考える材料を集めます。

そして、お聞きした内容をふまえて、身体の状態をみていきます。

  • 今どのくらい動かせるのか
  • どの状態がいちばん痛いのか
  • どうすると痛みが楽になるのか
  • しびれがある場合はどうすると強くなるのか

など、体の声を聞いていきます。

首や肩、背中だけではなく、全身の状態をチェックすることもあります。虫眼鏡を持った猫のイラスト

 

② 施術

カウンセリングから得られた身体の状態を把握し、施術の方針を決め、ご説明していきます。

いくつかある場合は、その中で、生活様式に合うものを相談しながら、決めていきます。

例)

  • 物理療法(電気療法+アイシング)
  • 手技療法(筋肉をほぐす)
  • 固定、テーピングなど(自費の時もあります)

こちらは保険の範囲で施術が受けられます。

保険施術の金額は保険施術を参考にしてください。

時間は症状により変わりますが、初回は40分~60分ほどかかる場合があります。

施術のみになれば、20分~30分前後になることが多いです。

また、状態に応じて保険施術以外に、100円から500円の自費施術が追加されることもあります。

④ 今後のお話

セルフケアの方法や通院間隔、生活でのアドバイスなどをお話しさせていただきます。

 

予防法

 

せっかく治っても、再発を繰り返していたら、意味がありません。

よくなったら、それをキープすることが大切です。

最後に日常で気をつけることについて、お話します。

① 長く同じ姿勢でいない

同じ姿勢でいる=同じ筋肉が同じ形でかたまる  忙しく仕事をしている男性会社員のイラスト

ということです。

すると筋肉は本来の伸び縮みができなくなります。弱った筋肉のキャラクター

これが、変な体勢で寝てしまったときに、ダメ押しとなり、一気に動けなくなる原因となります。

日頃から、筋肉を動かし、柔軟な状態にしておくことが大切です。肩回し運動のイラスト(女性)

特にデスクワークの方は、1時間に1回は立ち上がり、伸びをしたり、肩を回したりしましょう。 仕事中に伸びをする会社員のイラスト(男性)

 

② 寝る環境を整える

「寝違い」の原因のひとつに、うまく寝返りが打てていないことがあります。

ですから、寝返りを打ちやすい環境をつくることが大切です。

  • 枕が小さく、布団との差がありすぎると、うまく首を回せず、固まってしまうことがあります。
  • 隣にペットや赤ちゃんがいる、壁がある、など、ゴロゴロしづらい状況だと、寝てる間、無意識に寝返りをうてないことがあります。
  • 寝る直前までスマホを見ていると、その光で睡眠の導入が妨げられることがあります。睡眠中に猫に乗られる人のイラスト(女性)  寝床でスマートフォンを使っている人のイラスト

 

様々な状況により、すぐにすべてを変えることは難しいですが…その中で

どうやったら

 

のびのびゴロゴロ背伸びのイラスト

できるか

を考えていくことが大切です。

例)

  • 大きくて平たい、低い枕にする。(バスタオルをたたんで、好きな高さにして使うのもおすすめです!)お風呂のイラスト「バスタオル」
  • なるべくゴロゴロできるように、左右に寝るスペースを確保する。
  • 寝る直前はスマホを見るのをやめ、目を休ませる。

など、どれかひとつでも、できることから始めてみましょう!

 

以上2回にわたり、「寝違い」ってなに?。ということについてお話してみました。

少しでも、お役に立てれば幸いです。

そして、朝起きて、あれ???っと

思ったとき、

なかなか痛みがとれなくてつらいなあ~~~と  関節痛のイラスト(首)

思ったとき、

当院のことを思い出したら、お気軽にご相談ください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です